ネットブックへのUbuntuインストール

AcerのネットブックにUbuntu 9.10をインストールしました。
去年入れたときはUbuntu 9.4で、ディスプレイの解像度が低いままだったのと、Wifiが使えずに実用的に使えずそのままにしていました。
今回はそのネットブックに9.10のインストールを試したところ無事にグラフィックの問題とWifiの問題が一気に解決したのでその方法を共有します。

1) USBインストーラの作成
またネットブックにはCD-ROMがついていないので、USBメモリにイメージを入れます。
たまにやるとやり方を忘れてしまいますが、まずはUbuntuのページからisoファイルを取得します。
今回は、Ubuntu Desktop 日本語 Remixを使用しました。

最初はsyslinuxを使ってUSBメモリのフォーマットを指定したりといろいろいくつか試しましたが成功しませんでした。
最終的にインストーラの作成には、Macに入っているVMware FusionのUbuntu上の作成ソフトから行いました。isoファイルを指定するだけで良いので楽です。

2) Ubuntuのインストール&起動
ブートがUSBから起ち上がるようにしたあとはすんなりインストールを行います。ここは何の問題もありませんでした。
インストール終了し再起動後は、Ubuntuが立ち上りサウンドもOK、Wifiも利用可能という嬉しい検出率です。

3) グラフィックドライバの設定
解像度が1024x600、glxgearsでチェックしてみると20〜30fpsくらいでいちいちウィンドウの切替に待たされます。
これをこのマシンが持っているドライバのpsbを認識させて快適にしたいと思います。

注意点というか僕が失敗したのはカーネルを先にバージョンアップし、そこから作業を始めることでした。そうでないとどのカーネル用のモジュールを作るのかという問題でややこしくなるようです。

なので先に"apt-get update"、"apt-get upgrade"を行い再起動した状態で作業をはじめます。

参考にしたのは以下のページ

HardwareSupportComponentsVideoCardsPoulsbo - Ubuntu Wiki

再起動するも、Xorgのエラーが出て起動しなかったため、起動後以下のコマンドを実行し再起動。

# apt-get purge psb-kernel-source

無事解像度が1366x768で見事立ち上がりました。

ここまでくればあとはEmacsやデザインをカスタマイズするなどして使い倒してみようと思います。

コメント

人気の投稿