baasday

ニャンパスでBaaSを作ってます。

Backend as a Serviceの略でBaaSという言葉があって、サーバと連携するアプリケーションがあったときに、予め用意されているサーバ用のAPIを使い、アプリケーションのエンジニアはサーバサイドの実装をしなくとも、アプリケーションが作れるというサービスです。これを知った時ニャンパスでやりたいと思いました。

baasday

もともとニャンパスではサーバサイドの実装が強かったのですが、2年以上スマートフォンのアプリ開発を行ってきました。アプリがWeb APIを通してサーバと連携するプロジェクトでは、サーバサイド言語としてClojureをほぼをメインに使い、アプリとサーバ同時並行のプロジェクトもいろいろとやってきました。
(余談ですが4月発売のWEB+DB PRESSではスマートフォンアプリの開発記事を連載で書くことになりました。)



クライアントとサーバサイドの経験も積み、Web APIがどうだったらアプリケーションが作りやすいかというところのノウハウがたまっていたところにBaaSというアイディアと出会ったことで、baasdayプロジェクトがスタートしました。

アルファ版ですが、baasdayではすでに現在こんな機能を提供しています。

  • アプリユーザの認証
  • 柔軟なデータ管理・検索
  • ファイルのアップロード
  • ゲームスコアランキング
  • リアルタイム通信

SDKはiOS用にフレームワークという形で公開しており、フレームワークの実装も全て公開しています。

https://github.com/nyampass/baasday-iOS-Framework

サーバサイドの内部は、Clojure + MongoDBでできていて、今後Nyampass Tech Blogの方でも仕組みや、ノウハウ等を書いていきます。

SDK自体も公開されていて風通しが良く、開発者のためのサービスbaasday、ぜひ試してみて下さい。

コメント

人気の投稿