「はじめてのClojure」

今年前半におよそ二ヶ月かけて書いていた「はじめてのClojure」が、本日全国で発売されました。

書いてみるとやはり大変で、開発の仕事と並行しながら執筆していたのですが、途中インフルエンザになったり、編集していただいた月刊 I/Oの藤井編集長には大変なご迷惑をおかけました。また、執筆中での都合をご協力いただきました、皆さんありがとうございます。

本の内容はいくつかの実践的なサンプル(例えば短縮URLサービスなど)を作りながら覚える、Clojureの入門書で、プログラミング自体はわかっているけど、Clojureは初めてという方に向けて書いた内容です。

来月は、発売したことも兼ねつつのイベントとして、全国、いくつかの場所でClojure勉強会を開催していきます。
今のところ、予定は札幌、名古屋、大阪ですが、調整がつけば他でもやりたいと思っています。

いずれのイベントも、Clojure玄人だけがくる感じのものではなく、Clojureに興味があるという方で来ていただければと思いますので(もちろん、バリバリClojurianも)、お祭りだと思ってきてください。


これを機に、日本でClojureをやっているということが、風変わりなことととらわれることがなく、実用的で、良いサービスを作るための優れた道具として、Clojureがあるんだという認識が広まれば最高かなと。

コメント

人気の投稿